Webライティングをやって良かったと感じること

副業

Webライティングをしてみようと思う方やWebライティングを始めて間もない方は

この仕事をしているとどんなメリットがあるのか気になると思います。

今回は僕がWebライティングをしていて良かったと感じたことをまとめてみましたので参考にしてください。

Webライティングをやって良かったと感じること(結論)

文章を書くのが楽になった

自ら考え行動するようになった

ネット上の記事について深く知ることが出来た

この3つが特に良かったと感じたことになります。

当たり前だろと思うこともあれば意外と思うこともあるかもしれません。

僕自身思った以上にライティングを始めてから心境の変化があったので

次では一つずつ説明していきたいと思います。

文章を書くのが楽になった

これは想像しやすいと思いますが中でも特に感じるのが語彙のバリエーションが増えたというところです。

以前は人に文章で何かを伝える時にひとつの言葉を選ぶのに時間がかかってしまったのですが

ライティングを始めてからより適切な言葉を選ぶことが出来るようになり文章を書くことへのストレスが減りました

また長文に慣れるというのも大きな変化でした。

今までは長文になると書く内容がなくなってしまって無理やり文章にしたり、うまくまとめられなかったりしていましたが長文がスムーズに書けるようになり文章の展開が考えられるようになる為文章の流れを作ることが出来ます。

長文を書く時、以前では考えられなかった気持ちの余裕がでてくることも多いです。

自ら考え行動するようになった

これは意外に思われるかもしれません。

しかしライティングというのは書く記事の内容についての調査が大事になってきます。

ネットで調べることが多いですがより詳しく調査をしようと思うと自分の周りの人から実際の声を聞いたりどこに行くと正確な情報が手に入るのかと考え行動に移す必要がでてきます。

色んな記事のライティングをするほど調査をするのに行動をする必要がでてくる為より行動力が身につくように思います。

ここのポイントはポジティブな気持ちで自ら行動できるということです。

あなたの好きな事を紹介する記事だとしたらそれを調査するのは楽しいですよね?

少なくともより好きな事を知れるのだから自分の為の時間になると思います。

普段の仕事では上司から言われた作業しかしていない僕でしたがポジティブな気持ちで行動することで自然と自ら行動できるようになっていきました。

ネット上の記事について深く知ることが出来た

今まで何も考えずに見ていたネットの記事。

それがライティングを始めたことで見方が大きく変わりました。

一番変わったのは情報の真偽を感じるセンサーが敏感になったことです。

同じような記事がネットにあふれているとそれは正しい情報だと思いがちですが

そうではない可能性もあるということが分かりました。

またこの記事が何を伝えたいのか、どういった人に向けての記事なのかを考えることが多くなり

今までより記事の内容が深く理解できるようになりました。

ものの見方が変わることは良い面もあれば悪い面もあると思いますが、

新しいものの見方が出来ると普段の事でさえ新鮮な気持ちにさせてくれます。

Webライティングをやって良かったと感じること(まとめ)

僕はライティングに何か心境の変化を期待して始めた訳ではないのですが

日常生活や仕事に関して思った以上に良い影響があったので今回紹介させていただきました。

僕もまだまだ初心者なのでこれからライティングの仕事をしていくうちに感じ方は変わってくるかもしれません。

しかし今、普段の仕事をしていては経験できないようなことを経験出来ていると感じています。

きっとあなたの人生のメリットになります。

Webライティングをしようか悩んでいる人はぜひ一度チャレンジしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました