クラウドソーシングサイトの自己紹介の書き方オススメ

副業

こんにちは、イシカワです。

「自己紹介って何をアピールしたら良いのだろう?」

初心者の方はそう思うことも多いのではないでしょうか。

この記事ではおすすめの自己紹介の書き方について紹介します。

まずは自己紹介を書くときのポイントを見てみましょう。

自己紹介の書き方ポイント

自己紹介の書き方のポイントはクライアントにいかに自分について分かってもうらうかが大切です。

クライアントが知りたいあなたの情報を書いてアピールしましょう。

  • あいさつ
  • 納期厳守、丁寧な仕事が出来ることをアピール
  • 作業出来る時間
  • 連絡の出来る時間
  • 仕事への意気込み
  • 好きな事、得意な事(趣味)
  • 実績

自己紹介を書くときにそんなに難しく考える必要はありません。

次からはそれぞれの項目を詳しく説明したいと思います。

あいさつ

あいさつはコミュニケーションの基本ですよね。

言葉遣いに気を付けて自己紹介の最初に書きましょう。

例:はじめまして、イシカワです。

自己紹介の最初はあいさつを書いておけば大丈夫です。

納期厳守、丁寧な仕事が出来ることをアピール

納期厳守、丁寧な仕事が出来ることをアピールするのが一番重要です。

初心者ライターにクライアントが求めているのは何よりこの人は「ちゃんとした仕事をしてくれるのだろうか?」ということだと思います。

なので自分が納期厳守、丁寧な仕事が出来ることをクライアントに知ってもらいましょう。

例:これまでの仕事の経験から納期厳守・丁寧な仕事の大切さは分かっているつもりです。

今までの仕事の経験をアピールするという書き方もひとつの手だと思います。

作業出来る時間

クライアントはあなたが作業出来る時間が知りたいです。

なぜなら作業出来る時間が分かれば作業量もある程度はわかるからです。

例:副業になるので一日に作業できる時間は2~3時間程度になると思います。
(土曜日隔週で日曜日は休みなので一日作業に時間を使えます)

ここは自分が無理なく続けられる時間を書くようにしましょう。

クライアントはそれぐらいの時間は作業に使ってくれると思って見ているので。

連絡の出来る時間

作業をしていれば必ずクライアントと連絡をする必要が出てきます。

その時に連絡がなかなかつかないと困りますよね?

その為にあなたに連絡がつく時間を知ってもらい、スムーズに作業が出来ることをアピールしましょう。

例:こちらが連絡が繋がる時間は
平日 8:00~12:00 13:00~18:00 以外
土日 終日(土曜日は休みの日のみ)
となります。

誤解が生まれないようにクライアントに伝わりやすい書き方を意識しましょう。

もちろん仕事をもらった時、連絡はなるべく早く返信するように心がけることが大切です。

仕事への意気込み

仕事に対するあなたの臨み方をクライアントに知ってもらいましょう。

例:現状に満足せず日々改善し、よりよい記事を書くようにしていきたいと思います。
どうかよろしくお願いします。

自分の仕事している中で大切にしていることを書けばよいと思いますが、それがクライアントにとってプラスになると伝わるような書き方が出来るとなお良いです。

好きな事、得意な事(趣味)

好きな事、得意な事を書いてあなたの事をクライアントに知ってもらいましょう。

なにがご縁で仕事につながるか分かりません。あなたのことを知ってもらうことが大切です。

例:得意/好きなこと
・漫画
・映画

  趣味
・自転車(ロード・シクロ)

実績

なければないと書けばよいと思います。

しかし、ないからといって書かないのではなく実績を書く項目は入れるようにしましょう。

例:実績例

ありません。

なければないで、実績があるならそれをクライアントが分かるように書きましょう。

クラウドソーシングサイトの自己紹介の書き方オススメ(まとめ)

自己紹介はポイントを抑えることが出来れば相手に伝わりやすく書くことが出来ます。

大切なのはクライアントにあなたのことを知ってもらうです。

自己紹介でアピールしてよりよい案件の受注を目指しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました