初心者ライターがライティング記事を書くときに気を付けているポイント

副業

こんにちは、イシカワです。

「みんなどんな事に気を付けて記事を書いているのかな?」

特に初心者ライターは気になりますよね。

今回は僕がライティング記事を書く際に気を付けているポイントをまとめてみました。

ではさっそく見てみましょう。

調査を徹底的に行う

記事の内容は自分が調べられる範囲で徹底的に行います。

また、一つの記事だけでなくいくつかのサイトの記事を比較してみるようにしています。

理由としては

  • 自分が書いた記事の信頼性を高めるため
  • 自分が記事の内容について好きなるため
  • 記事の読者の気持ちになるため

特に記事を読む読者の気持ちなることを大切にしています。

なぜ記事を書くのかといったらそれを必要としている読者がいるからであって、その読者の役に立つ記事を書くというのはWebライティングの基本であり一番大切な事だと思います。

読者の役に立つ記事を書くために信頼性の高い記事が必要で、信頼性を高くするにはいくつかのサイトの記事を比較して自分の書いている内容と大きく違わないかを確認。

そして自分がその記事の内容に対してどこか興味がある、好きな点が出来ればより記事の内容を深く知りやすくなるでしょう。

調査をするときも自分が楽しいと思えるようにしています。

検索上位の記事を参考にする

前提として初心者ライターはうまい記事が書ける訳がないと思います。

それは当たり前のことで、だからうまく記事を書けるようになる必要があるのではないでしょうか。

ライティングをうまくなるにはうまい人の記事を参考にするのが手っ取り早いですよね。

検索上位に入っている記事はやはり見やすく分かりやすい記事が多いです。

記事の構成や言葉の言い回し、装飾や文字の大きさなど勉強になるところはいくらでもあります。

僕は良いなと思った表現方法は使わないと忘れてしますので、すぐに使うようにしています。

書くときはまとめて最後まで

「途中まで書いたけど残りはまた今度にしよう・・・」

そんな時もありますよね。

でも僕はなるべく記事は一日で書くようにしています。

それは次の日に書こうとすると頭の中でどんな記事にしようと思って書いていたか忘れるという事があるからです。

例えば生活や仕事の中で感動することがあって、次の日も同じだけ感動が残っているかといったらそんなことはないですよね?

その日と次の日では同じように考えることが難しいので出来るだけ一日で書きます。

書いたら校正、推敲をする

まず一度で間違いのない記事を書くのはほぼ不可能でしょう。

誤字脱字、言葉の誤りは必ずあります。

書いた校正、推敲できれいな文章にして読者が読みやすい記事にしましょう。

また、ライティングの仕事をクライアントから受注している人は

クライアントは納期厳守、丁寧な仕事を求めていると意識しましょう。

どんなに早くても修正箇所が多く添削に時間がかかってしまっては意味がないです。

まずは丁寧な仕事を心がけ、慣れてきたら余計な作業を除いて効率よく作業することを目指しましょう。

初心者ライターがライティング記事を書くときに気を付けているポイント(まとめ)

初心者ライターはとにかく正確で丁寧な仕事を目指すべきでしょう。

時間や効率を求めるとどうしても雑な内容になってしまいます。

読者はあなたが記事にかけた時間の事は分かりません、しかし記事の内容が悪ければ読者にとって役には立ちません。

読者の役に立つ記事を書く

このことがなにより一番大切なのではないでしょうか?

この記事が少しでも読んだ方の役に立てばうれしいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました