【体験談】ツイッターの怪しいDMの見分ける方法と断り方

体験談

こんにちは、イシカワです。

今回は僕が体験したツイッターのDM勧誘について書きたいと思います。

初心者に忍び寄る怪しいDM・・・

僕は副業を始めてから同時期にツイッターも始めました。

プロフィール欄には「副業やっています!」みたいなことを書いているためか副業をしてそうな人からフォローしてもらえるようになります。

するとそのうちにダイレクトメール(DM)が来ました。

  • 「周りにブログやってる人いないなら僕の経験談をお話しましょうか?」とか
  • 「LINEで電話しませんか?」とか
  • 「LINEの交換しませんか?」
  • 「LINE@登録してください」
  • 「LINE通話でお互いに高め合いましょう!」

など正直見るのがめんどうなくらい同じような文章でした。笑

それらを対応している内に大体どんな人がDMを送ってくるのかが分かってきます。

怪しいDMを送ってくる人の特徴

  • フォロワー数が多いがフォロー数も同じくらい多い。
  • プロフィール欄が波乱万丈の人生を送っている。
  • コメント欄のいいね!の数がやたら少ない。
  • プロフィールの「脱サラ」「ノマド」「ネットビジネス」の単語が強調されている。

「ははぁ~んそんな感じの人に注意すれば大丈夫なんだな。」

もうフォローしないぞ!!

そう思った僕は

Aさんのフォローをしました。

すると

「LINEの交換しませんか?」

・・・・・・

またやられました・・・・笑

言い訳させてください!

Aさんはフォロー数とフォロワー数は多かったのですがプロフィール欄は正常でした。

明らかに怪しい人だけが勧誘DMを送ってくる訳ではなかった・・・

しかし、やり取りをしてる内にAさんの人となりが分かったような気がして

「きっとAさんは勧誘をするような人ではない!」

と良く分からない自信を持つようになりました。

そう思った僕はAさんとLINEを交換します。

するとLINEでAさんからメッセージがきます。

「どちらにお住まいの人ですか?」

「????」

えっ・・・Aさん?

このタイミングで聞くの不自然じゃない?

さらにツイッターでは返信遅かったのにLINEでは即既読・即返信です。笑

そしてタイムラインにはなぜか毎日収益の画像がアップされている。

しかも、なぜか会話が噛み合いません。

「本当にAさんですか?」

と聞いても「もちろんです」と答えます。

当たり前ですが・・・笑

どうしても府に落ちなかった僕は確認することにします。

まずはLINEのAさん(?)にメッセージを送ります。

するとすぐに既読が付くのでその間にツイッターのAさんにこんなメッセージを送ります。

LINEの会話がうまくいかないのですがあの人はAさんなのですか?」

LINEのAさん(?)から返信が来ます。

全くツイッターの事にふれていない内容で・・・

そこで僕はツイッターのAさんに再びこんなメッセージを送ります。

「今返信してもらわなければAさんじゃないと判断してブロックさせてもらいます。」

しかし、Aさんからメッセージは返ってきません。

LINEのAさんとツイッターのAさんは別人と判断した僕はそれ以降連絡するのをやめます。

怪しいDMの見分け方

Aさんが何をしようとしていたのかは分かりません。

もしかしたら本当に収益化を教えてくれようとしていたのかもしれない・・・

とは全く思っていません。笑

明らかにLINEとツイッターのAさんは別人です。

もし同じような状況であなたが違和感を感じたならそれは騙される前兆でしょう。

僕がツイッターとLINEでやり取りをして見分け方のポイントと思ったところは上記に足して

  • LINEのタイムラインに収益の画像(誰の収益かは分からない)
  • ツイッターとLINEのやり取りに違い(違和感)がある

になります。

怪しいDMの断り方

怪しいDMの断り方は簡単です。

はっきりと断りましょう。

「せっかく良くしてくれているのに・・・」

などと思う必要はありません。

なぜなら、DMの相手にとってあなたとの関係は何の意味もないからです。

あなたが逆の立場になって考えてください。

ネットで最近知り合ったような人に自分が苦労して身につけた知識や技術を簡単に教えますか?

大事な家族や友人ならともかく最近知り合ったような人にそれはありえないでしょう。

相手の好意を断ると申し訳ないと感じる人もいるかもしれませんが、僕が思うに最近知り合っただけでそんな大事なことを教えてもらう方がよっぽど申し訳ないです。笑

断り方は相手に納得してもらえるように断る理由になる事実から言葉を選びましょう。

  • 「あまり知らない人と電話したくありません。」
  • 「収益化の事は今はまだ深く考えていません。

おすすめの断り方は

「そのような大事なことを教えて頂くような関係ではないのでけっこうです。」

が相手も傷つけにくく良いでしょう。

相手がいることですから、あまり乱暴は言葉などは使わないようにしたいですね。

しかし、はっきりと断らないといつまでも勧誘は続くのでNOという気持ちを伝えることが大切です。

このような経験談はいろいろなサイトで紹介されているので参考にしてください。

あまぼしすずめさんのブログ「あまぼしすずめは働かない」ではTwitterの怪しげなDMの記事を書くためにTwitter開始当初から3ヶ月にわたり実際に怪しいアカウントと連絡を取ってその内容を記事にしています!!

DM・LINEでのやりとり、通話、実際に会う、ビジネス話を聞く、入会・支払い・クーリングオフ……etc、行きつくところまで調査をするあまぼしさんの記事にかける思いには脱帽です。

すごく参考になる記事なのでぜひ読んでみてください。↓

ちなみに僕はLINEでAさんから収益化を教える為にまずは「2時間半くらい通話しましょう」と言われました。

合ったこともない人とそんなに話せるか!!笑

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました